無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark | scroll top |
ALRIGHT / 秦基博
下書き記事消化の為にレビューをば。
はた坊の2nd Album「ALRIGHT」。
1.夕暮れのたもと
2.キミ、メグル、ボク
3.バイバイじゃあね
4.ファソラシドレミ
5.Honey Trap
6.花咲きポプラ
7.虹が消えた日
8.最悪の日々
9.夜が明ける
10.休日
11.フォーエバーソング
12.新しい歌

【初回生産限定盤のみのボーナストラック】
13.僕の今いる夜は with 槇原敬之
14.空中ブランコ with 一青窈
15.夏はこれからだ! with 福耳
初回盤に付属のDVDに関しては割愛で。


このアルバムは彼の得意とする弾き語りではなく、どちらかというとバンド形式の曲が多い。弾き語りなのは「休日」くらいかな。

前作「コントラスト」のオープニング「色彩」とは違い、静かに語りかけるように始まる「夕暮れのたもと」。
静かに語りかけるようにとは言っても「僕らをつなぐもの」とはまた違う歌い方で、『昔々あるところに……』って言ってる感じかな。
そして一気にこのアルバムの核である「キミ、メグル、ボク」へ。
このアルバムの華やかさを象徴するような1曲。
「バイバイじゃあね」から「夜が明ける」までの駆け抜ける感じはたまらない。
もちろんゆっくりな曲もある。「ファソラシドレミ」、「Honey trap」、「夜が明ける」がそうなのだが、ゆっくりと言う感じを与えさせない。
「最悪の日々」なんかははた坊が珍しくエレキギターを使ってるのも気になるところ。
この曲がこのアルバムの中で1番かな。個人的には。
「休日」で駆け抜けてきた道を一休み、「フォーエバーソング」「新しい歌」と『歌』繋がりの2曲でアルバムを閉じる。

初回盤のボーナストラックに関しては本当におまけと言った感じ。
「僕の今いる夜は」は全てのメロディーをはた坊が歌ってるのに対し、「空中ブランコ」は一青窈がコーラスだけでなくメロディーも担当している。
この2曲ははじめて聴いた曲だったので「こんな曲なんだな」といったイメージしかない。
しかし最後の「夏はこれからだ!」は既に福耳として聴いていたので楽しみにしていたのだが、驚きだった。
全てのメロディーをはた坊が担当していたから。
「当たり前だろう」と思う方もいるだろうが、少し考えて欲しい。
「夏はこれからだ!」には印象的な元ちとせの担当するパートや、MICRON’ STUFFが受け持つラップパートまである。
それも全てはた坊がやっているんだから。
しかし正直なところ、ラップパートは良かったが、元ちとせのパートは若干違和感があったのは否めない。
わざわざ裏声を使わなくても良かったのでは?と思った。


こんな感じでしょうか。
私の予想ですが、彼に次のアルバムはたぶん弾き語りやバラード中心になるんではないでしょうか。
バンド形式のアルバムはALRIGHTでやり尽くしたと思うし、既に発売されているシングル「朝が来る前に」もバラードですしね。

それではっ!
| 春風くるみ | レビュー・レビュー(ぉ | comments(0) | - | pookmark | scroll top |
愉快なピーナッツ/くるり
くるり,岸田繁
(2009-04-29)
Amazonランキング: 200位
1.愉快なピーナッツ
2.丸顔
3.かもめはかもめ

という訳で、くるりさんのニューシングル「愉快なピーナッツ」のレビューです。

半端ないです。
さよならリグレット、三日月と、少しポップよりの曲が続いていたくるりさんですが、
一転、ロックに突っ走ってきました。岸田さんは神か(

ピーナッツは、ギター中心にしたWORLD'S END SUPERNOVAみたいな感じ?
踊れるって言うからそんな感じの予想してたらホントにそんな感じでした。

丸顔は3曲の中で1番早いかな。
早い曲が好きな方は好みなんじゃないでしょうか。
個人的にはライブで聴きたい。今回のライブ行かないけど(

かもめはあまり聞き込んでないからなぁ……
正直言って、ピーナッツ、丸顔で満足しちゃうんですよ。私は。
明日もっと聴きましょう。



そして、シングルに紙が挟まっててタイトルだけはわかってたんだけど、
新アルバムの詳細決定しました!
8thオリジナルアルバム「魂のゆくえ」
2009年6月10日発売
VICL-63340(初回盤) VICL-63341(通常盤) ともに¥3045(税込み)
初回限定盤はボーナストラックとして2月18日に発売した初のドラマ主題歌「三日月」を収録&“謎の板”を封入したスペシャル仕様。

1.LV45
2.愉快なピーナッツ
3.太陽のブルース
4.夜汽車
5.リルレロ
6.つらいことばかり
7.さよならリグレット
8.かごの中のジョニー
9.Natsuno
10.デルタ
11.魂のゆくえ
12.ベベブ
13.背骨
Bonus Track.三日月
まさかまさかの「三日月」がボーナストラックですよ。しかも初回盤だけの。
「LV45」は『TEAM ROCK』に入ってる「LV30」の続きかな?
やっと「デルタ」が音源化ですよ。
ってかジョニーはアルバムにも入るんだね。そんなに自信作なのかな。。。
今回のアルバムはいつにも増して訳の分からんタイトルが多いな。
「リルレロ」とか「つらいことばかり」とか「Natsuno」とか「ベベブ」とか。
最後の締めが「背骨」だしね。



さて、楽しみがまたできた訳ですし、
6月までテストだ体育祭だなんだありますが、頑張っていきましょうか。

ちなみにこの記事は900記事目なのでした。おやすみ。
| 春風くるみ | レビュー・レビュー(ぉ | comments(0) | - | pookmark | scroll top |
くるくる鮨~Quruli Video Clips 1998-2004 / くるり
そろそろキリ番@20000近いですね。
19997とか踏んで20000までF5連打とかやめてちょーだいね(笑

さてさて、
一昨日これとくるくる節買ってきてくれたのよ。親が。
ちょこっとしか見てないけどとりあえずレビュー。今度しっかり見たら書き直す。

1.東京
2.虹
3.青い空
4.街
5.春風
6.ワンダーフォーゲル
7.ばらの花
8.リバー
9.ワールズエンド・スーパーノヴァ
10.男の子と女の子
11.HOW TO GO
12.すけべな女の子
13.ハイウェイ
14ロックンロール
15.花の水鉄砲

Extra Track
Recording Document Oct.2002-Jan.2004


私が見たのは
東京、青い空、春風、HOW TO GO〜花の水鉄砲の8曲。
個人的な意見としては、「東京」はこの映像嫌いかな。
「青い空」は変態チックです。でも監督さんはBUMPのPVでお馴染みの番場秀一さんです。驚き。
「春風」も番場さんです。意外。
「HOW TO GO」はね。3人ともみんなエラそう。岸田さんの目どうにかならんのかそれwwwwwww
「すけべな女の子」は、クリストファーのドラムと音声のドラムがずれてるんだよね。
まぁ音源のドラムはあらきゆうこさんが叩いてるっぽいからしょうがないか。
「ハイウェイ」。妻夫木聡が物凄いことしてるよこれwwww
消防車パクるとか何してんのwwwwwwwwwwwwwwwwwww
「ロックンロール」の一番の見所はたぶん達身さんが冒頭でいつものフライングVじゃなくアコギを弾いてるとこだと思う!
「花の水鉄砲」は、正直訳分からなかったです。でも久しぶりに「アンテナ」聴こうって気になった。

ざっとこんな感じですかねー
| 春風くるみ | レビュー・レビュー(ぉ | comments(0) | - | pookmark | scroll top |
PORNO GRAFFITTI BEST ACE / ポルノグラフィティ
ポルノグラフィティ
(2008-10-29)
Amazonおすすめ度:
聴かせるポルノ
たしかに!
うーん…
という訳で、ポルノさんのベスト、「ACE」でございます。
ちなみにJOKERでは「終末のコンフィデンスソング」〜「少年」までかかった。
ACEは「旅立ちの唄」からスタート。どれだけかかるでしょうか。
1.ハネウマライダー
2.ギフト
3.ネオメロドラマティック
4.ライン
5.黄昏ロマンス
6.NaNaNaサマーガール
7.東京ランドスケープ
8.Please say yes,yes,yes
9.Winding Road
10.あなたがここにいたら
11.We Love Us
12.そらいろ
13.A New Day

……………………
ごめんなさい。JOKERと違ってこっち特徴ないです(←あくまで個人的な意見
約束の朝よりはA New Dayの方が好きだけど、A New Dayはイントロがあまり好きじゃない。
どうなんでしょうね。このレビュー(((((

個人的な好みとしては「ギフト」、「ネオメロドラマティック」、「Winding Road」、「そらいろ」ですね。
この4曲大好きなんですよ。
「ギフト」、「ネオメロドラマティック」は言わずもがななんですけど、
「Winding Road」、「そらいろ」は歌詞、メロディー、歌い方、全てがマッチした名曲だと思うのですよ。
ハネウマではあんなはちゃけた歌い方してるのにスローテンポになると柔らかい歌い方になる昭仁さんね。

あ、あと勝手な予想で「We Love Us」ってアップテンポの社会批判ソングかと思ってたのよねー
裏切られました。もちろん良い意味で。

ちなみに、BGMは「水上バス」まで到達しました。3曲、約15分ですな。
| 春風くるみ | レビュー・レビュー(ぉ | comments(2) | - | pookmark | scroll top |
PORNO GRAFFITTI BEST JOKER / ポルノグラフィティ
ポルノグラフィティ
(2008-10-29)
Amazonおすすめ度:
うん
この曲だけで。
正直
ペンギンさんよりも先にレビューをやってプレッシャーを与えるパターン(笑
でもBGMはSUPERMARKET FANTASYっていうなんか引っかけ(
ちなみに先にJOKERを持ってきたのはACEよりも若干Amazonランキングが高いから。
1.Love,too Death,too
2.ROLL
3.ジョバイロ
4.痛い立ち位置
5.グラヴィティ
6.横浜リリー
7.リンク
8.m-FLOOD
9.DON’T CALL ME CRAZY
10.シスター
11.うたかた
12.ベアーズ
13.約束の朝

とりあえずね。これはLove, too Death, tooとm-FLOODのために買っても良いのでは?
まぁ私は借りた人なんですけどね(←
最新シングルのLove, too Death, tooと配信限定のm-FLOOD。両方が入ったこのベストは結構お買い得だと思いますよ♪

こっちの個人的な好みは「ROLL」、「グラヴィティ」、「ベアーズ」ですかね。
「ROLL」ね!聴いたときびっくりしちゃったよ!自分の好みで!
確か、「ネオメロドラマティック」との両A面なんだっけ?
このシングルは自分だったら相当エンドレスリピートですよ多分。

そんなこんなで、JOKERの方はこの辺で。
ACEはいつupできるかな?
| 春風くるみ | レビュー・レビュー(ぉ | comments(0) | - | pookmark | scroll top |
SUPERMARKET FANTASY / Mr.Children
評価:
Mr.Children
(2008-12-10)
Amazonおすすめ度:
ちょっとした冒険
ある一つの形
初めての感情があふれた
遅くなりましたが、
レビュー行きます☆

いきましょっかー
Mr.Children様の最新アルバム「SUPERMARKET FANTASY」です♪
1.終末のコンフィデンスソング
2.HANABI
3.エソラ
4.声
5.少年
6.旅立ちの唄
7.口がすべって
8.水上バス
9.東京
10.ロックンロール
11.羊、吠える
12.風と星とメビウスの輪
13.GIFT
14.花の匂い

初回限定特典DVD
「MUSIC CLIPS 2007-2008 〜SUPERMARKET FANTASY〜」
1.旅立ちの唄 Live ver.
2.GIFT
3.HANABI
4.花の匂い
5.エソラ




今回も1曲ずつやってみますかー




1.終末のコンフィデンスソング
アコギの印象的なフレーズから始まる大事なアルバムの始まりの曲。
社会風刺的な歌詞ではあるんだけども、この歌詞の主人公はちゃんと周りを見て、それでいて社会を皮肉っているっていう……………
かっこいいんだよ。声がね。

2.HANABI
HANABIは9月にレビューやってたね。こちらもどぞー。
シングルが出て3ヶ月経って、ずっと聴き続けてるけど、飽きそうな気がするのに、全然飽きない。むしろ自分から聴きたくなる。そんなメロディー。

3.エソラ
本作「SUPERMARKET FANTASY」のリード曲、「エソラ」。
イントロからしてキラキラ。演奏もキラキラ。声もキラキラだし、PVもキラキラ。
これをシングルとして出すのはちょっと無理があるかもしれないけど、アレンジ、歌詞次第でシングル級。
前作「HOME」や前々作「I ♥ U」のリード曲だった「彩り」「Worlds end」。
彼らはアルバムのコンセプトをはっきりと伝えてくれた。
でも「エソラ」は違うと思う。
こいつはアルバムのコンセプトを伝えてるんじゃない。アルバムジャケットを伝えているんだと思う。
実際歌詞付いたのもジャケット決まってかららしいしね。
アルバムのリード曲には名曲が多い。
これは良曲。でも個人的には名曲だとは思わない。

4.声
人気の高い曲その1、「声」でございます。
音楽に関する用語が満載。
「メロディー」、「リズム」、「スピーカー」、「ファルセット」、「ハモる」、「三度下」………
しかもサビは衝撃の歌詞無しでございます。
でも個人的にはまだ好みの部類ではないのです。

5.少年
はい。名曲です。
NHKドラマ8「バッテリー」主題歌でございましたね。
私はこれがリード曲になると思ってたから当然PVも付くと思ってたのよね。
PVはバッテリーの登場人物出てきて欲しいなぁと色々妄想してた訳ですよ。
そしたら「エソラ」とか出てきちゃってもう((((((
私この曲大好きだ。
あの激しさとか歌い方とか。
間違いなく14曲中のベストソングです。

6.旅立ちの唄
あれま。これまだレビューやった事なかったんだね。
シングル発売当時はあんまり好きではなかったんだけど、ここ最近名曲に聴こえてきた。
多分当時の「恋空(笑」の評判の悪さが無意識下にあったんだろうなぁ。
タイアップをなかった事にして聴くと物凄く良い曲です。
今回収録されたシングル3曲の中では絶対一番。

7.口がすべって
人気の高い曲その2。
ここからの2曲って印象薄いんだよなぁ個人的に。
えーっと、イントロが印象的なポップバラードって言えば良いのかな?
男女の軽い喧嘩から世界の民族紛争の話まで、凄く大きなところまで飛躍する歌詞。
印象薄いけど好きだよ。

8.水上バス
スローテンポラブバラード。
出会いから別れまで。
………ごめん。この曲一番印象薄いんだ。なんも言えねぇ(

9.東京
人気の高い曲その3。
くるりさんなどもリリースしている「東京」という名前の曲。
桜井さんは東京出身の人なんだけどね。
凄く前向きでPopな名曲
旅立ちの唄発売当時からネット上で噂されていた曲でもあります。
私は前も言った事あるけど、私はこの曲大好きです。
「少年」と並んで大好きです。
『この街に大切な人がいる』←ここが大好き。
ここから怒濤の名曲リレーが始まります。

10.ロックンロール
8分の6の曲。イントロめっちゃかっけぇ。
曲はそんなにロックって訳でもない。
どっちかと言うと歌詞がロックンロールの話をしているって感じかな。
最後の『I LOVE YOU』って歌詞がパリッと締めてくれるよねぇ。
この曲と次の「羊、吠える」の繋がり方が最高!

11.羊、吠える
シングル「旅立ちの唄」カップリング。
化けたよ!元々名曲だったけど神曲になっちまったよ!
気怠そうな、でも何かを開いてくれそうなイントロのギター。
大きく展開をさせる間奏のスライドギター。
どこをとっても名作です。
カップリングで「この曲はあんまり………」って言う人もロックンロールからの流れで聴いたらきっと気に入るはず!

12.風と星とメビウスの輪
シングル「GIFT」のカップリングのアルバムバージョン。
シングルバージョンのレビューはこちらから
アルバムで化けました。2番からのアレンジ最高だから!
あとね、大サビで転調するのも良いね。カラオケで歌いたい。

13.GIFT
こいつもここでレビューやっておりますので御覧あれ。
ここに入ると印象薄いね。
アウトロが少々短くなっとります。
オケの音が一瞬入ってすぐフェードアウトしまして、次の曲に繋がる訳です。

14.花の匂い
名曲の匂いもする一曲。
これの聴き所は2番のサビ以降。
そこで入ってくるラヴェルのボレロの4拍子版のスネアが私は大好きなんだけどね。
でも、これは曲だけじゃダメ。
PVも見て欲しいな。


初回限定特典DVD
「MUSIC CLIPS 2007-2008 〜SUPERMARKET FANTASY〜」

1.旅立ちの唄 Live ver.
一応シングル「旅立ちの唄」のPV。監督は丹下紘希さんと谷聰志さん………で良いのかなこれ?
「“HOME” TOUR 2007~in the field~」の時の映像を一部編集したものですね。
ライブDVDとほぼ同じ内容です。
しかも歌詞がCDになってるものと違うんだよね。
歌詞違いのものをPVにしちゃって良いのかなぁとか思ったものです。

2.GIFT
ミスチルではお馴染みの丹下紘希作品でございますね。
歌詞からか「光」ってのがテーマになってるみたいだね。見る限りでは。
あとは……光の為の「水」が多用されてる。
スーパースローモーションって言うのかな?それがめちゃくちゃ多用されてて、人によってはすぐ飽きるかも。
最後の「ラララ……」のところの映像は「おぉっ!」と思わせるような作り。

3.HANABI
変わってこちらは大喜多正毅さんの作品。
名前はあんまり聞かないけど「Sign」のPVの監督さんです。
SignのPV見てて印象に残った、と言うかそれしかないんだけども、メンバーの演奏シーン。
印象的に撮影されてるなぁと思ったんですよ。
その印象的な演奏シーン、今作「HANABI」でもございました。
1番サビでは暗い中スポットライトみたいなものだけ当たってる、そんな感じが好きですね。
あと、Cメロで出てくる女の人って誰なんすかね(

4.花の匂い
半崎信朗さんの作品。クレイアニメPVだった「HERO」を除くと、Mr.Childrenとしては初のアニメ映像です。
『2007年東京藝術大学美術研究科デザイン専攻修了』とあるので、多分初PVなのではないでしょうか。
神☆PVでございます。
映像と音楽がここまで合うと感じたものは初めてかもしれない。
この曲のタイアップ先である「私は貝になりたい」の世界に合わせて作ったんでしょうか。
見ていて悲しいお話です。
また、映像のストーリーも個々人で意見が分かれることでしょう。
これはみんなに見て欲しい。いろんな事を感じて欲しい。私はそう思います。

5.エソラ
アルバムのリード曲ですね。
監督はジャケットデザインを担当したデザイナーの森本千絵さんと映像ディレクターの児玉裕一さんからなる「こだまgoen°」でございます。
そういえばこのアルバムに入ってるPV5作全部監督違うんだなぁ………
児玉裕一さんってPerfumeの「シークレットシークレット」とか安室奈美恵の「NEW LOOK」とかのPV作ってるんだって。
この映像はね………アルバムジャケットありきって感じですね。
いやもう華やかで華やかで。
ポップな音楽にポップな映像と物凄いことになっております(笑
これは言うよりも見てもらった方が早いですね。
あ、このPVの大サビ部分に、あのラーメンズ「片桐仁」が登場しております(笑
ちなみにCDケースにもいるんだなこれが(笑
見て吹きましたとも。えぇ。何か文句でもありますか((((((




とまぁこんな感じでございましょうか。
どう考えても最高傑作ですねこれは。
「少年」「花の匂い」の為にこのアルバムを買っても良い程の出来ですから。
是非聴いて!貸すから!

それでは、長々とお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m
| 春風くるみ | レビュー・レビュー(ぉ | comments(2) | - | pookmark | scroll top |
PIED PIPER / the pillows
評価:
the pillows
(2008-06-25)
Amazonおすすめ度:
非インスタントミージック
ベテランロックバンドの面目躍如
何が良いって、そりゃ…
どこに行こうか
キミを連れて行くって決めたんだ
    Lyrics from 「PIED PIPER」
連れてかれました。本当に。


という訳で、Mr.Childrenさんの「SUPERMARKET FANTASY」解禁の前日にレビューです。
the pillows 「PIED PIPER」。
1.PIED PIPER
2.New Animal
3.No Surrender
4.Last Holiday
5.Tokyo Zombie (The knock came at dead of night)
6.Across the metropolis
7.Purple Apple
8.Tokyo Bambi
9.Ladybird girl
10.That's a wonderful world (song for Hermit)
11.POISON ROCK’N’ROLL

「パイドパイパー」ってのは、日本語に直すと「ハーメルンの笛吹き男」ってやつよ。
君を連れてっちゃうぜってこと。
ちなみに1個前の作品のタイトルが「Wake up! Wake up! Wake up!」なのね。聴いた事はないけど(((
「起きろ!」って言った後、「連れて行くぜ」っていうとても繋がりのあると言うか頼り甲斐のある人達。
絶対聴くべき。11曲で37分しかないけど((((((
でもね、内容凄く濃いの。
これ聴いたらしばらくは彼らのベストは聴けないよ多分。

じゃあ1曲ずつやってみますか。



1.PIED PIPER
最初は静かな笛の音から。ハーメルンの笛吹き男意識してんだろうな。
正直このイントロはちょっと嫌いだ。
Aメロはね………何これ?4分の何拍子?
物凄くリズム取りにくそう。だからカラオケで挑戦したくなる。チャレンジャー?だから(((((

2.New Animal
先行シングル曲。アルバムの1ヵ月前に出たんだっけかな。
イントロのギターの入り方がなんかくるりの「虹色の天使」に似てた。どうしようもないけど(
やばいです。このアルバム内で2番目。
曲だけで良い。歌詞は良いよもう(

3.No Surrender
この曲も良いね。テンポはアルバム内で1番速いかな?
結局は諦めるな、って強く言いたいんだと思う。

4.Last Holiday
ミドルテンポで一段落って感じの曲。
「明日で世界が終わるとしたら、君は僕の元に来てくれますか?」っていう歌詞。
ベストでいうと「屋上に昇って」みたいな感じか。
ゆっくりになっても飽きさせない。

5.Tokyo Zombie (The knock came at dead of night)
インスト曲。途中でなんか声入ってるけど((
むしろ英語で何か言ってるけど(((((
入り方は好きだよ、これ。
すぐ終わっちゃうから気にならないんだけどね。

6.Across the metropolis
カップリング曲らしいよ。なにかの。
うるさくない、カップリングらしい曲。

7.Purple Apple
久しぶりの英詞らしいよ。
それまでの3曲とは違って一気にアップテンポですよ。
英詞だから何言ってんのかわかんないけど((((((((
でもこれは次の曲への布石な訳ですよ………………

8.Tokyo Bambi
キタ神曲!!!!!!!!
どう考えても最強です。
自分の中ではMidnight Downを軽々と越えました。
スカパラのホーンズとコラボしてる曲らしい。
詞は………ラブソングなのかな?一応。
でも詞じゃないんだよ!曲なんだよ!!!
サビの歌い方が最強。絶対聴いて!!!!!!!!!!!!

9.Ladybird girl
個人的には好みじゃないかなー
連続ラブソング。
イントロはチェレスタ(?)みたいなやつ。
かっこいいって曲ではないね。

10.That's a wonderful world (song for Hermit)
あーこれも微妙だ。
Tokyo Bambiが強すぎて後の3曲死んでるわ、私の中で。

11.POISON ROCK’N’ROLL
1曲目、「PIED PIPER」にも『ポイズンロックンロール』っていう歌詞入ってるんだよね。
それと対なのかな?歌詞が真逆のような同じような事を言っているような。




やっぱりね、これはTokyo Bambiが一番の核だと思うんだ個人的には((((((

長々と見て頂いてありがとう。
聴きたい方は一言言ってね。
| 春風くるみ | レビュー・レビュー(ぉ | comments(0) | - | pookmark | scroll top |
さよならリグレット/くるり
ビクターエンタテインメント
(2008-09-03)
くるりさんの最新シングル。やばいよこれ。絶対聴くべき。
1.さよならリグレット
2.京都の大学生
3.pray
4.ばらの花 feat.小田和正 from 京都音楽博覧会2007

ジャケット。
ワニwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
このインパクトの強さは半端ねぇwwwwwwwwwwwwwwwww
だってワニだよ?収録されている4曲の中でどの曲にもワニという単語は出てこないんだよ?
くるりさんの思考回路は全く読めねぇ。


「さよならリグレット」
表題曲なのに4曲の中で1番短いってどういうことよ(((((
でもね、そんなの感じさせないくらい濃い曲。
イントロのピアノからして最高。
かわいい。大好きだこの曲。Birthdayに並ぶくらい。
歌詞も良いよ。
というか、大体Aメロ,Bメロとかで段落を変えるじゃない。
この曲は1番,2番で段落変えをするのね。
それがまた新しいなぁと感じたり。
この曲は今年のBest3に入る。個人的なものだけど(((


「京都の大学生」
歌詞は京都弁、曲はジャズ風味っていうなんとも変な曲。
7月のライブでもやってたけど、ジャズってのは凄く印象に残ってたみたいで、
CDで聴いた瞬間に「あぁ!確かにライブでこれやってた!」って思った。
今までのくるりにはなかった曲。これも三柴さん(サポートキーボードの人)がいなかったら出来なかったんじゃないかしら。


「pray」
この4曲の中で2番目に好きな曲。
タイトル通り「祈ろう」っていう曲なんだけどね。
前向きのようで後向き。
後向きのようで前向き。
私にはよー分かりませんわ。


「ばらの花 feat.小田和正 from 京都音楽博覧会2007」
名曲「ばらの花」のライブテイク。
しかもあの小田和正とのコラボ。
アコースティックで演奏してて、小田さんと岸田さんのハモリが完璧。
これはばらの花好きな人は絶対聴くべきだと思うな。



聴きたい人はメールなりコメントなりよこして下さいー

よっしゃやりたかったレビューは全部終わった。
そういえばSalyuちゃんがベストアルバム出すらしいね。
まだ時期尚早だと思うんだけどなぁ…………
| 春風くるみ | レビュー・レビュー(ぉ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | scroll top |
HANABI/Mr.Children
TOY'S FACTORY Inc.(VAP)(M)
(2008-09-03)
超名曲。何か寂しさを感じる。何なんだろう、これは。
☆「タダダキアッテ」ネタバレ注意☆
1.HANABI
2.タダダキアッテ
3.夏が終わる 〜夏の日のオマージュ〜
エンハンスドCD仕様 / MUSIC VIDEO 「HANABI」収録


1.HANABI
コードブルーの主題歌っすね。
まず曲に入る前にパッケージの感想から。
ちょっと凝り過ぎじゃね?これ。
上にジャケ写載ってるけどあれが上に開くんだよっっ!
歌詞カードもGIFT同様大きいしさ。
折り目引っ掛けてビリッとやるのが凄く怖い。

んで曲に関して。
アコギ2本くらいで始まるイントロ。
印象的だよねこれ。
『Aメロ×2→Bメロ→Aメロ→サビ→Aメロ→Bメロ→サビ→Cメロ→転調して大サビ』の流れ。
歌詞はコードブルーで流れてた時の歌詞とは順番とかが違ったりする。
Bメロのメロディーはイントロと同じ。これも気付いた時はびっくりした。私にとっては凄く斬新だった。


2曲目。「タダダキアッテ」
冒頭でも注意したけどネタバレ有りです。
タイトルからも想像できる通り、「タガタメ」のリメイク版です。
歌詞も一緒。サビの歌詞が1番と2番でひっくり返ってるけど。
あと、カタカナだった歌詞が漢字に変わっている。これはまた意図があるんだろうなぁ………
あの重い歌詞をとても明るいメロディーに乗せて歌っている。
これを一緒に聴いてた親が言った事。
「桜井さんは最初からこっちが出したかったんじゃないか。」
「いつでも微笑みを」や「Mirror」のように、重たい歌詞を明るいメロディーに乗せて歌ってきた桜井さん。
それと同じ手法でタガタメも完成させたかったのではないだろうか。
ちなみに、タガタメのアレンジはコバタケが考えたようなものじゃないか思う。
そんな事を言っていた。私もそれは凄く思った。
だから、「タガタメ」が原曲なのではなくこちらが原曲なんだと言う解釈です。私の中では。


3曲目。「夏が終わる ?夏の日のオマージュ?」
雑誌でのインタビューで桜井さんが
「ホントはHANABIとタダダキアッテの2曲だけで良いよね?って事務所には言われてたんだけど、そう言われるともう一曲作りたくなっちゃって。僕負けず嫌いなんで(笑 それで出来たのがこの曲なんです」
と言っていた曲。
桜井さんは子供の頃から夏が終わるのが寂しくて寂しくてしょうがなかったらしく、その気持ちを映し出したんだとか。
しっとり系って個人的に初めて聴く時は苦手だなって何でも思うんだけど、この曲だけはなんか違った。
しっとり悲しいんだけど、何かPOPな一面があって……………
表現しづらいけど、相当良い曲。スルメソング。



聴きたいという人はメールなりコメントなり下さいませ。
でも、Windows Vistaを使っている人には注意。
エンハンスドCDはVistaには対応してないようで、読み込みエラーが多発しているようです。
「夏が終わる」が1時間とか表示されたりするらしい。
Vista使ってる人には貸してもリッピングできないからね。そこんとこ注意。
| 春風くるみ | レビュー・レビュー(ぉ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | scroll top |
Mr.Children “HOME” TOUR 2007~in the field~/Mr.Children
評価:
トイズファクトリー
(2008-08-06)
やっとレビューが出来る。まずはMr.ChildrenライブDVDから。
Disc1
1.OPENING
2.彩り
3.名もなき詩
4.星になれたら
5.シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
6.CROSS ROAD
7.Tomorrow never knows
8.my life
9.ひびき
10.もっと
11.HERO
12.Imagine
13.CENTER OF UNIVERSE

Disc2
1.Dance Dance Dance
2.フェイク
3.Any
4.口笛
5.Sign
6.ポケット カスタネット
7.Worlds end
8.終わりなき旅
9.しるし
10.Wake me up!
11.innocent world
12.旅立ちの唄
13.END ROLL
おすすめは「ひびき」「HERO」「Sign」「Wake me up!」。
2,3回しか見てないからこれと言って言う事もない…………
あ、でもEND ROLLも見応え有りというか見ないと損です。
新しいアルバムのレコーディング風景が収録されてるから。
必見。ホントに。

あ、でも問題点的なものもあって、
それは前作の「Mr.Children “HOME” TOUR 2007」とは違ってフルでライブ映像じゃない所。
たまにインタビュー映像が挟んであるの。
さらに、しるしに限っては1番のBメロまで別映像の弾き語りで、サビからライブ映像に切り替わるってのがあって、それだけは許せない。
ライブ映像を楽しみにしてるのにそれはないでしょ!?って感じ。
その2点を除けば良いDVD。
これはどうにもならなかったんだろうか…………


見たい人はメールなりコメントなり何かしらで私に伝えてくれれば次の日には持ってけるよ。
| 春風くるみ | レビュー・レビュー(ぉ | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark | scroll top |